教育知識

【答えられる?】今、知っておきたい「違い」5選

みなさんこんにちは。

学校で生活していると、子どもたちから様々な質問がとんできますよね。

こども

「ウイルス」と「細菌」って何が違うの?

こども

「台風」と「ハリケーン」って何が違うの?


そんな質問に答えられずに、あたふたした経験はありませんか?

「先生にもわからないことがある。」と伝えることも大切ですが
かっこよく答えて、「すごい!」と思わせたいですよね。

この記事では、この時期に知っておきたい「違い」を5つ紹介します。

ちょっとした違いを知っておくだけでも、子どもたちとのコミュニケーションが盛り上がること間違いなしです。

今、知っておきたい違い5選

「細菌」と「ウイルス」

コロナウイルスが流行している今、「ウイルス」や「細菌」という言葉をよく耳にしますよね。

両方とも同じものの様に使われる場面がよくありますが、実は明確な違いがあります。

細菌

細菌は、細胞をもち、自己複製能力をもつ微生物。細胞分裂によって増殖できる。

ウイルス

ウイルスは、細胞をもたず、遺伝子とそれを包むからだけの単純な構造の微生物。他の生物の細胞に寄生し、生きた細胞内で増殖する。

クルミくん

「微生物」という観点では同じですが、生き方や増え方に違いがあるのですね。

「除菌」と「抗菌」

コロナウイルスの影響もあって、普段の生活の中で「除菌」や「抗菌」という言葉を目にする機会が増えました。

あまり違いを気にせずに使っている人も多いと思いますが、実は明確な違いがあります。

除菌

細かい規定はないが、「菌を100分の1以下にする」と、業界が規定している。対象となる菌は「黄色ブドウ球菌」と「大腸菌」。

抗菌

「菌を繁殖しにくくする」もの。菌がなくなるわけではない。

クルミくん

似ている言葉なのに、全く作用がちがうのですね。

ちなみに、一番強力なものは「滅菌」です。
菌を100万分の1まで減らし、事実上全滅させます。

「賞味期限」と「消費期限」

梅雨の時期になり、食品の管理が気になる季節になりました。
食品の管理をするうえで、基準となるものが「賞味期限」や「消費期限」ですよね。

  • 美味しく食べられる期限が「賞味期限」
  • 安全に食べられる期限が「消費期限」

と理解している人が多いですが、実はそうではありません。

消費期限

劣化の早い商品(弁当・惣菜・生麺・調理パンなど)に表示される。期限内なら安全に食べられるように設定されている。

賞味期限

劣化が比較的遅い商品(スナック菓子・カップ麺・レトルト食品・缶詰)に表示される。期限内なら安全に食べられるように設定されている。

クルミくん

「安全に食べられる」という点は、同じなのですね。

「台風」と「ハリケーン」

日本には、夏が来ると台風がやってきます。毎年甚大な被害が出ています。

しかし、ニュースを見ていると「アメリカを巨大なハリケーンが襲い・・・」といった内容が報道されますよね。

実はこの2つ、発生した場所が違うから、名前が違うのです。

台風

太平洋北部、南シナ海で発生した、風速の強い熱帯低気圧

ハリケーン

大西洋北部・西部、太平洋北東部・北中部で発生した、風速の強い熱帯低気圧

「台風」と「ハリケーン」に加えて、「サイクロン」というものもあります。

サイクロン

インド洋北部・南部、太平洋南部で発生した、風速の強い熱帯低気圧

クルミくん

「台風」も、アメリカまで行くと「ハリケーン」になるそうです!

「夏日」と「真夏日」と「猛暑日」

最近の夏はとても暑いですよね。ニュースを見ていると、毎日のように「今日は猛暑日になるでしょう」や「5日連続の真夏日になりました」といった内容が聞こえてきます。

似たようなこれらの言葉、実は明確な基準があります。

夏日

最高気温が25度以上の日

真夏日

最高気温が30度以上の日

猛暑日

最高気温が35度以上の日

クルミくん

ちなみに、最低気温が25度以上ある夜を「熱帯夜」と言います。

まとめ

今回は、今知っておきたい「違い」を5つ紹介しました。

  1. 「細菌」と「ウイルス」
  2. 「除菌」と「抗菌」
  3. 「賞味期限」と「消費期限」
  4. 「台風」と「ハリケーン」
  5. 「夏日」と「真夏日」と「猛暑日」

どれも、非常にシンプルな違いでした。

子どもに質問されたときに答えられたら、先生として「ドヤ顔」ができるかもしれません。

また、授業中にサラッと話してみてもいいかもしれませんね。

知識があるということは、それだけで「すごい」と思われます。
子どもたちから尊敬される1つの方法として、さまざまな知識をもっておくことは、大切なのではないでしょうか。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
これからも、教員の豊かな生活のために、情報を共有していきたいです。