仕事術

【自分は脇役!】三者懇談の主役は保護者だ。

以前、三者懇談に関わる「見た目」の話を書かせていただきました。

【見た目重視!】三者懇談で気をつけること 学校で頻繁に行われるイベントの一つに、三者懇談があります。教員にとって、保護者と信頼関係を築くきっかけになるものではありますが、非常に...

今回は、話し方について、お伝えしたいと思います。

懇談の目的は2つ

まず、話す内容について考える前に、
三者懇談の目的を確認する必要があります。

私が考える三者懇談の目的は、以下の2つです。

  1. 生徒の様子や情報を保護者と共有する。
  2. 保護者と信頼関係を築く。

よく、「今日から、毎日1時間は家庭で学習する。」など
「これからの生活について、生徒と約束をする」と言う人もいますが
私は、あまり必要ないと思っています。

なぜなら、生徒が納得していないことが多いからです。
親と教員に挟まれれば、納得していなくても約束をせざるを得ません。

まれに、「先生とここで約束しなさい。」
と言われる保護者もいますので、そういう場合は、約束をします。

気をつけるべきポイント

さて、この記事では、
特に目的②の「保護者との信頼関係を築く」をテーマにしていきます。

正直に言うと、三者懇談は
生徒のためではなく、保護者のためだと思っています。

自分の価値観を押し付けない。

懇談の目的の1つが、保護者との情報共有です。

生徒に関わる情報の共有
  • テストの点数や授業態度
  • 宿題などの提出物
  • 係活動などの様子
  • 家庭での学習状況
  • 卒業後の進路希望

こういった話をし始めると、どうしても自分の意見を保護者に伝えることが多くなります。

そこで大切なことが、自分の価値観を押し付けないことです。

学校で当たり前だと思って指導していることが
保護者からすれば、当たり前でないこともあります。

基本的には、事実のみを伝え、保護者の反応を確かめましょう。

保護者が自分の意見に同意していそうなら、さらに話を続けてもよいですが
逆の場合は、それ以上話をしない方がいいでしょう。

特に、やってはいけないことは
相手を論破することです。

論破することは、相手を不快にさせる行為です。
どれだけ正論だとしても、相手を不快にさせたら、負けです。

伝えなくてはいけないことは、事実のみを伝えましょう。
保護者の同意なくして、こちらの希望や感情を伝えることは、相手を不快にさせます。

気持ちよく相手に話させる。

保護者の中には、たくさん話す方もいれば、あまり話をされない方もいます。

あまり話をされない方も含めて、自分の子どもの話をしたがらない方はいません。

ですから、相手が「気持ちよく話をさせる」ことが大切です。

褒めまくる

三者懇談では、とにかく褒めることが有効です。
なぜなら、自分の子どもを褒められて、悪い気をする人はいないからです。

正直、どんなお世辞でも構いません。

  • 「がんばっています。きっと成果がでますよ。」
  • 「○○してくれて、私は嬉しいです。」
  • 「友達思いなところがありますよ。」

自分を下げる

相手に気持ちよく話をしてもらうためには、自分より相手を優位にさせることが有効です。

例えば、生徒の「ピアノ」の話になったとしましょう。

悪い例
保護者

うちの子、ピアノのを7年も続けているのに
なかなか上達しないんですよ・・・。

教員

そうなんですか?
ピアノって難しいですよね。
私もピアノ習っていたんですが、
なかなか上達しなかったです。

このように、自分の話をして終わっていては、相手は気持ちよく話をすることができません。

良い例
保護者

うちの子、ピアノを7年も続けているのに
なかなか上達しないんですよ・・・。

教員

7年も続けているんですか?
すごいですね!
私は子どもの頃に習っていましたが
すぐに辞めてしまったので、
7年も続けていてすごいです。
どんな曲を練習しているんですか?

このように、相手と比べて、自分を下げるようにすることで
相手は気持ちよく話をすることができるわけです。

まとめ

さて、今回は三者懇談での話し方について
特に「保護者との信頼関係」をテーマにまとめました。

結論

三者懇談は、保護者が気持ちよく帰れればOK

だと思います。

あまり固く考えずに、保護者が「懇談にきてよかった」と思ってもらえるように
話し方を工夫していくとよいと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
これからも、豊かな教員生活を目指して、学んで行動していきます。