仕事術

【持ち帰りはダメじゃない】仕事を持ち帰ることのメリット!

勤務時間を削減するために、「19時までには退勤しましょう」というスローガンが掲げられているところもあるようです。

しかし、実際は

  • 仕事を持ち帰って、自宅で長時間労働をしている。
  • 一旦職場を離れ、管理職がいなくなってから戻ってくる。
  • 翌朝、日が昇る前から出勤している。

など、課題も多いようです。

確かに、「早く帰りましょう。」では、根本的な解決になっていません。
やるべき仕事が減らないのに、作業時間が減るわけがありません。

しかし、私は積極的に早く退勤すると同時に、自宅でも仕事をしています。
今回は、私自身が考えるそのメリットを紹介します。

自宅に持ち帰るメリット

職場より集中できる。

みなさん、放課後の職員室を思い出してみてください。

  • 雑談で盛り上がっている。
  • お菓子を食べている。
  • スマホを触っている。

など、全く集中していない姿が浮かんできませんか?

集中して取り組もうとしても、周りにこのような人たちがいる環境であれば、あまり効率的に仕事ができません。

もちろん、各家庭の状況によっては、職場の方が集中できる場合もあるとおもいます。
ご自身の状況に合わせて判断していただければとおもいます。

職員室では仕事をするな!!定時で帰るコツ ブラック企業と言われる学校教員。「早く帰りたいんだけど、仕事が終わらない・・・」と思っている人が多いのではないでしょうか。今回は、そん...

本当に必要な仕事なのか考えられる。

教員の仕事は、個人の裁量で決められることが多くあります。
なぜなら、「利益を出す」という、明確なゴールがないからです。

ゴールがないものに取り組んでいる私たちにとって、必要なことは

これは必要なことなのだ!

と、信じて行動することです。

つまり、「必要ない」と考えてしまえば、
それ以上、その仕事をする必要はないわけです。

私自身、教員の仕事は3つに分けられると考えています。

  1. やらなくてはいけない仕事
  2. やったほうがいい仕事
  3. やりたい仕事

今回の話で言うと、②「やったほうがいい仕事」と③「やりたい仕事」については
別にやらなくても問題ないわけです。

自宅で仕事をし始めると、どうしても早く終わりたくなります。
早く終わりたくなると、

本当にこの仕事は必要なのかな?

と考えるようになり、
結果、その仕事を「やらない」という選択がしやすくなります。

③「やりたい仕事」については、積極的にやるようにしています。
それは、教員としての満足度を高めることにつながるからです。

「早く帰る人」というイメージがつく。

早く帰ることを続けていると、「早く帰る人」というイメージが定着します。

イメージが定着すると

  • 無駄な話をされない。
  • 誰でもできる仕事を頼まれない。

といった、メリットがあります。

よほど意地悪な人でない限り、いつも早く帰ろうとしている人に、わざわざ時間を取らせるようなことをする人はいません。

他人よりも早く帰ることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、全く問題ありません。

なぜなら、

  • 勤務時間削減は、国民的なスローガンだから。
  • 勤務時間は守っているから。
  • 早く帰るために努力しているから。

です。

また、早く仕事を終わらせることで

仕事が早い人!

と、評価してもらえる可能性もあります。

まとめ

今回は、自宅に仕事を持ち帰ることのメリットをお伝えしました。

  • 職場より集中できる。
  • 本当に必要な仕事なのか考えられる。
  • 「早く帰る人」というイメージがつく。

自宅に持ち帰ることに抵抗がある人も多いと思いますが、
実際に取り組んでみると、職場にいないことから得られるメリットが多いです。

ただし、注意点もあります。
それは、個人情報の管理です。

個人情報の持ち出しは、絶対にやめましょう!!

個人情報が漏洩したり、盗まれたりする場合は
私たちが被害者だとしても、加害者として扱われます。

それだけは、絶対に避けなければならないことです。

自宅でできる仕事と、学校でしかできない仕事をわけて
優先順位を決めて仕事できるとよいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
少しでも、教員のみなさんが豊かに働けるように、これからも学んで、行動していきたいです。