教育知識

【多数決は不公平!?】より公平な「ボルダルール」とは?

学級担任をしていると、クラスのみんなで何かを決めることが多くあります。
そして、みんなで納得できるように、「多数決」を使うことが多いですよね。

しかし、みんなで納得して決めたはずのことでも、後から

  • 「本当は、○○がよかった。」
  • 「僕が選んだわけじゃない。」

などと文句を言われた経験がある人も多いのではないでしょうか。

せっかくみんなで決めたのに、揉め事のきっかけになってしまったり、生徒のやる気を損なう結果になってしまったりすることは、残念でなりません。

そんなトラブルを回避するために、今回は「ボルダルール」という決め方について紹介します。

こんな人に読んでほしい!
  • 多数決に疑問を感じている。
  • みんながより納得できる決め方を知りたい。
  • 「ボルダルール」って聞いたことはあるけど、よくわからない。

「みんなで何かを決める=多数決」というイメージがありますが、実はそうではありません。
多数決以外にも、有効な決め方があるのです。

ボルダルールとは

「ボルダルール」とは、18世紀後半に、フランス海軍の科学者「ジャン=シャアルル・ド・ボルダ」が考案した、選挙方式です。

投票者が、全ての候補者に対して、よいと思う順に高い点数をつけ、総得点が高い順番に、順位をつけます。

ボルダルールの特徴は、なんと言っても、投票者が2位以下も選択できることです。

多数決とボルダルールを比べてみよう

ボルダルールの魅力は、多数決と比較することで明確になります。

学校でありそうな場面を例に考えてみましょう。

文化祭の出し物をクラスで決めよう
  • 選択肢は3つある。(ダンス・クレープ屋・空き缶アート)
  • 出し物は1つしか選べない。
  • クラスには36人いる。

多数決で決めた場合

多数決では、投票者がそれぞれ「1位」だと思ったものに投票します。

16人12人8人
選んだものダンスクレープ屋空き缶アート

上記のような投票の場合、1番人数の多い「ダンス」が、クラス全員で決めたものとして、認められます。

後述する「ボルダルール」との比較として考えるならば
多数決の場合、1位に100点、2位以下に0点というような配点になります。

ボルダルールで決めた場合

ボルダルールの場合は、1位以外にも順位をつけ、それに応じて点数をつけます。
今回は、以下のように点数を設定します。

今回のボルダルールの配点
  • 1位・・・3点
  • 2位・・・2点
  • 3位・・・1点

そして、以下のような投票結果になったとします。
※36人それぞれが1位に選んだものは、多数決の時と同じです。

16人12人8人
1位ダンスクレープ屋空き缶アート
2位空き缶アート空き缶アートクレープ屋
3位クレープ屋ダンスダンス

(16人が1位にダンス、2位に空き缶アート、3位にクレープ屋を選んだという設定です。)

これを、今回の配点に合わせて、計算します。

1位(3点)2位(2点)3位(1点)合計得点
ダンス48点(16人)0点(0人)20点(20人)68点
クレープ屋36点(12人)16点(8人)16点(16人)68点
空き缶アート24点(8人)56点(28人)0点(0人)80点

そうすると、合計得点で「空き缶アート」が1位となり、クラス全員で決めたものとして、認められます。

比べて気づくこと

多数決の場合、16人の意見しか反映されていない。

多数決で決めた場合、1位のダンスを選んだ16人の意見しか反映されません。
つまり、それ以外を選んだ20人の意見が無視されていることになります。

これで、「クラスのみんなで決めた」と言えるのでしょうか。

※ダンスが過半数の支持を集めていないので、
「ダンス」と「クレープ屋」で、決選投票をする方法もあります。

多数決で1位のダンスは、実は1番人気がない。

多数決で「ダンス」と決まると、「みんなダンスがやりたい」ように思われますが、実はそうではありません。

先ほどの表をみると、ダンスを3位(1番嫌だ)に選んでいる人が、20人もいます。

半分以上の人が「1番嫌だ」と思っているものが、選ばれるなんて
そんなに悲しいことはありません。

ボルダルールで選ぶものは、みんなが「納得」できるもの

今回、ボルダルールで選ばれた「空き缶アート」は
28人もの人が「2位」に選んでいます。

2位ということは、悪く言っても「嫌じゃない」レベルです。

また、空き缶アートを3位(1番嫌だ)に選んだ人はいません。

ボルダルールで決まった「空き缶アート」は
多くの生徒にとって「1番やりたい」ものではないかもしれませんが

1番納得できる結果なのではないでしょうか。

まとめ

今回は、多数決に替わるボルダルールという決め方を紹介しました。

ボルダルールの特徴
  • より多くの意見を反映できる。
  • 多くの人にとって、「よりよい選択」ができる。

学校では、生徒全員で何かを決めることが多くありますが、そのほとんどの場面で「多数決」を採用しています。昔から、複数の意見がある時は「多数決」で決めることが染みついているからです。

しかし、今回例に挙げたように、多数決よりもボルダルールの方が優れている点が多くあります。

「みんなで何かを決める=多数決」ではなく、その場面に応じて
どんな決め方がいいのか、考えることが必要です。

生徒にボルダルールを紹介して、
生徒自身が、「多数決」か「ボルダルール」かを決めてもいいのではないでしょうか。

もちろん、それ以外の決め方を考える機会があってもいいかもしれません。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。
この内容が、少しでも豊かな教員生活、豊かな教育に役立つことを願っています。