考え方

【魅力は何?】私が教員を続けている理由

「教員はブラック」という言葉が広がり、非常にネガティブなイメージがついている教員ですが、
その仕事には、魅力もたくさんあります。

今回は、私が考える「教員の魅力」を紹介します。

ちなみに、私は教員の働き方は好きではありません

教員という仕事は好きです。

日々の変化が楽しい

教員をしていると、毎日相手にするのが子ども達です。
彼らの純朴な姿や、懸命に努力する姿は、教員としてのやりがいを感じます。

また、同じ授業をしても、学級によって反応が違ったり、
同じ話をしても、人によって理解度が違うところが面白いところでもあります。

仕事はさまざまあると思いますが、常に目の前の相手のことを考えて
「その生徒のために」と、試行錯誤しながら仕事をすることは、非常に魅力的です。

ある程度自由に活動できる

教員の仕事は多岐にわたります。
「こうしなさい。」と言われることも多いですが、自分が好きなようにできることがたくさんあります。

  • 授業内容
  • ホームルームで話す内容
  • 掲示物の作成
  • 係活動などの、システム構築

特に、学級担任となると、自分が担当する学級に対して、ある程度自由に活動することができます。

学級経営

と言われるほどです。

  • こんなことを頑張れる生徒になってほしい。
  • こんな姿を目指してほしい
  • こんな話をしてみたい。

など、正解のない仕事ですので、自らの信念をもって仕事をすることができます。

  • 他の学級と、差が出来すぎないようにすること。
  • 自分の信念や活動が正しいのか、常に客観的に考えること。

自らの成績を気にしなくてよい

教員の中でも、「人事評価制度」が導入されています。
成績が悪いと、給与に影響がでるとも言われています。

しかし、どうやって教員の成績を評価するのでしょうか。

  • 教員の仕事量?
  • 保護者からの信頼度?
  • 担当した生徒の成績?
  • 管理職との親密度?

教員の仕事は、その成績を客観的に判断する基準がありません。

ですから、人事評価はほよどのことがない限り、悪い評価にはなりません。

前述の理由と重なる部分もありますが、周りからの評価をあまり気にしなくて良いので
自分が信じる活動を、実行することができます。

まとめ

今日は、教員の魅力について簡単にまとめてみました。

やはり、教員の働き方には疑問がありますが、
この仕事自体には、魅力があると思います。

ブラックだといわれ、イメージが悪い教員ですが
教員の魅力が多くの人に伝わり、たくさんの優秀な人材が、教育界にやってきてくれることを願っています。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。
これからも、教員の豊かな生活のために、学んで行動していきたいです。